美容外科の治療法(コラーゲン注射)

美容外科の治療法(コラーゲン注射)

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

美容外科によるシワの治療法はどういうものがあるの?

美容外科によるシワの治療法はどういうものがあるの?
最新の美容医療では、手軽な方法から本格的な外科処置まで、自分のライフスタイルや予算によって選ぶことができるようになりました。

 

 

 

 

コラーゲン注入

 

年齢を重ねることによって刻み込まれる深いシワ。
これは、長い間に定着して真皮層まで溝ができているシワです。
そのため、通常のスキンケアでは解決が難しいシワです。深いシワをほうっておくと、やがてはたるみをも招いてしまうのです!
こうしてできた額や目元、口元などの部分的なシワに効果的なのが、メスを使わないコラーゲン注入による治療です。

 

 

 

 

コラーゲンって?

 

コラーゲンは約1000個のアミノ酸が鎖状につながっているもので、これらが3本合わさってらせん状になっているものです。
このコラーゲンには、両端にアレルギーの原因となるテロペプチドと呼ばれるものが含まれています。
美容外科で使用される注入用コラーゲンは、仔牛の皮からコラーゲンを取り出して、アレルギーの原因となるコラーゲンの端の部分を取り除き、さらに不純物を取り除いて作られています。

 

 

 

 

 

コラーゲンの種類

 

このコラーゲンを皮内に注入することによって、へこんだ皮膚を盛り上げ、シワによるお肌のへこみを修復するのです。
美容外科では、シワの場所や肌の状態・予算によって、コラーゲンの種類を変えたりします。
よく使われるのは、ザイダームとザイプラスト。
ザイダームは細くて、比較的浅いシミ有効で、目尻のシワ等に使用されます。
ザイプラストは架橋化処理したコラーゲンです。
太くて深いへこみに有効なコラーゲンで、額のシワやほうれい線など目だつシワに使用されます。

 

 

 

 

 

どのような治療法?

 

まず、コラーゲンへのアレルギー反応を調べます。
皮下注射をして4週間反応がないことを確認します。
もし、ここでアレルギー反応がある場合は、コラーゲンによる治療はできません・・・・・
アレルギー反応がないことが確認できれば、シワにコラーゲン注入します。
治療時間は、約10分間。
注入剤には、局所麻酔薬が含まれていることが一般的なので、注入時の痛みもそれほど強くありません。
治療後すぐにお化粧することもOKです!

 

 

 

 

 

どれくらいもつの?

 

薬剤によって、持続期間も異なります。
短いもので半年から1年、長いものでは2〜3年持続します。

 

 

 

 

 

コラーゲン注入の費用はどれくらい?

 

シワの治療の中でも比較的手ごろなコラーゲン注入。
医療機関やコラーゲンの種類・量によっても異なりますが、シワ1箇所で20,000円程度からあるようです。

美容外科関連ページ

美容外科の治療法(コラーゲン注射)内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.