乳首の悩み

乳首の悩み

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

乳首の悩み

バストの悩みは大きさばかりではありません。よく聞かれるのは、乳首の形や大きさ・色の悩みです。

 

乳首のおもな悩みと治療法はどんなものがあるのでしょう?

 

 

 

 

陥没乳首

 

乳首の悩みで多いものに、めり込んで引っ込んだような乳首(陥没乳首)があります。

 

もちろん、見た目の問題もありますが、実はこれだけではありません。

 

陥没乳首の場合、出産後の授乳がスムーズにいかなかったり、乳頭炎などトラブルの原因になることもあるのです。

 

 

 

治療法は?

 

乳首を引っ張っている筋肉と組織の緊張状態をゆるめる手術が効果的です。
乳頭の付け根から乳輪にかけて2〜3箇所カットし、そこから乳管を引き上げて固定させることで、乳房の中にめり込んでいた乳首を外に引き出し、きれいな形に整えてから縫い合わせます。

 

手術は比較的簡単で、所要時間も約1時間弱ですみますし、入院も不要です。

 

手術から一週間ほどで入浴が可能になります。

 

 

 

 

 

費用はどれくらい?

 

他の乳首の治療費よりも若干割高になるようです。
状態にもよりますが、25万円から45万円くらいが一般的のようです。

 

 

 

 

 

乳首の幅が広すぎたり、高すぎたりする

生まれつき乳首が大きい場合や、出産・授乳によって大きくなった乳首を小さくすることができます。

 

 

 

治療法は?

 

手術の方法は、悩みの状態によって、乳首の側面を数箇所カットし余分な皮膚や組織を取り去ったり、不要な厚みを水平に輪切り状にカットしたりするやり方です。
両方を一度に行うこともできます。

 

この手術の所要時間も約1時間弱ですし、入院も不要です。
手術から一週間ほどで入浴が可能になります。

 

費用はどれくらい?

状態にもよりますが、20万円から40万円くらいが一般的のようです。

 

 

 

乳首の黒ずみ

あこがれのピンクの乳首を手に入れたい という悩みもありますよね。
もともと体質的に黒い場合もありますし、授乳などの刺激によって黒ずんでしまうこともあります。

 

 

治療法は?
塗り薬での治療が一般的です。
色素沈着の状態に合わせて、トレチノインなどの塗り薬が処方されます。

 

処方薬を自宅で一日1〜2回(朝・晩)塗るだけで徐々に薄くすることができます。
このほか、病院でのピーリング治療なども可能です。

美容外科関連ページ

乳首の悩み内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.