シミの種類

シミの種類

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

シミの種類

一言で「シミ」といっても、様々な種類があります。

 

シミの種類によって、対処法も様々。

 

美白化粧品で効果が出るものもありますが、レーザーなどの外科治療でないと消せないものもあります。まずはご自分のシミの種類と対処法を知ることが大切です。

 

 

 

 

肝班

 

30〜40代の女性に多い、頬骨を中心として左右対称にできることが特徴的な褐色のシミです。
肝班は、日焼けが元でできることが多いのですが、女性ホルモンが関係していて、妊娠中やピル服用中、更年期、婦人科のトラブルがある時にもできるといわれています。

 

 

 

 

 

炎症性色素沈着

 

シャンプーやクリーム、化粧品などの被れや、やけどやにきびの跡、アトピー性皮膚炎など、皮膚に何らかの炎症が起こった後にできてしまうシミです。

 

炎症によって活性酸素が発生しメラニン色素が大量に作りだされます。

 

多くはターンオーバーによって自然と消えていきますが、このメラニン色素が肌のターンオーバーではがれないまま色素沈着することによりシミとなって残ります。

 

 

 

 

 

老人性色素沈着

 

紫外線を何年も浴び続け、しだいに肌が老化により変化して表面に現れてくるもので、頬骨や顔の脇など紫外線の当たりやすいところにできやすいシミです。
若い頃からアウトドアスポーツをしてきたヒトにできるシミです。

 

 

 

 

 

花弁状色素班

 

一時的に重度の日焼けをしてしまったときにメラニン色素が異常に発生してできるシミのことです。ごく小さな豆粒のようなシミが背中から肩にかけて広範囲にできます。
日焼けをしてから、約1ヶ月を経過したあたりにできやすいようです。

 

 

 

 

 

摩擦黒皮症

 

ナイロン製のタオルや洗顔用のブラシなどで皮膚を刺激しすぎることでできてしまうシミです。
根が深く、非常に治療が難しいシミです。

 

 

 

 

 

雀卵班

 

いわゆるソバカスのことです。
小さなゴマ状の斑点が鼻を中心に頬に向かって散らばったように出ます。
遺伝的なもののことが多く、両親のどちらかにあると出やすいといわれています。
ソバカスは子供の頃から出てきます。

 

 

 

 

 

太田母斑

 

日本人に多く、額や目のまわり、頬などに生まれつきある茶褐色〜青色のアザです。
生後間もなく出現するものと、思春期を過ぎてできてくるものとがあります
実は、目の下の隈といわれてるものが太田母斑のこともあります。

 

 

美容外科関連ページ

シミの種類内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.