シミに効果のある成分

シミに効果のある成分

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

シミに効果のある成分

さまざまな理由でできてしまうシミ。

 

女性はいくつになってもキレイな肌だね って言われたいものですよね

 

できてしまったシミだってなんとかしたいと思うのが女性のホンネです。

 

ではそのシミを消したり薄くしたりするにはどのような方法があるのでしょうか?

 

 

 

シミに効く美容液やクリームなどの化粧品は、その目的はシミができるのを防いだり、いったんできてしまったシミを薄くしたり目立たなくしたり というものです。

 

ですから、即効性はありませんので、気長に、根気よくケアしていくことが大切ですし、すぐに効果があらわれないからといってやめてしまってはいけませんね。
また、シミを完全に消すことは残念ながらあまり期待できません。

 

でも、いわゆる美容整形のような施術をしたくない方にとっては、安心できる方法だといえますね。

 

では、どのような成分がシミには効果があるのでしょう?

 

 

 

 

プラセンタエキス 

 

 

お肌の新陳代謝を良くし、メラニン色素が肌に沈着するのを防ぎます。

 

よく美容ドリンクに配合されていることが多いですね

 

 

 

アルブチン 

 

メラニンの生成を強力に抑えますので、シミができにくくなります。

 

 

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンCといえば美白効果。

 

また、活性酸素によって肌が酸化し老化するのを防ぎます。

 

 

 

エラグ酸

 

チロシナーゼというメラニン生成にはたらく酵素の働きを抑制し、メラニンの生成を抑えます。

 

 

 

 

トラネキサム酸

 

美白作用がある成分で、シミの治療にもよく使われます。よく美容外科でも処方されているのがこの薬です。

 

 

 

 

コウジ酸 

 

メラニンの生成に関与するチロシナーゼという酵素の活性を抑制し、メラニンの生成を抑えます。また、メラニンの

 

直接働いてできてしまったシミを白くします。

 

 

 

 

ルシノール

 

メラニン生成にはたらく酵素であるチロシナーゼの働きをストップさせ、メラニンが生成できないようにします。

 

 

 

 

 

Lシステイン

 

ターンオーバーを促して、メラニンを排出し、新たなメラニンの生成を防ぐ働きもあります。

 

 

 

 

などなどシミに効果のある成分は意外とたくさんあるのです。

 

ではどんな化粧品が口コミでは人気があるのでしょうか?

 

美容外科関連ページ

シミに効果のある成分内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.