乳輪の場合

乳輪の場合

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

乳輪の場合

 

乳輪の悩みと治療法についてご紹介しましょう。

 

 

 

乳輪が大きい

 

乳輪が大きい方は、生まれつきの場合がほとんどです。いくら形がいいバストでも、乳輪が大きいとそれも台無し。意外と悩んでいる方も多いようです。

 

1.治療法は?
乳輪の外縁、または内縁の皮膚を切除し、周りの皮膚を寄せながら縫い合わせて、小さくします。
外縁から切除した方が縮小効果が大きくなりますが、乳輪と皮膚の境目がはっきりしてしまうというデメリットがあります。

 

手術は局所麻酔で行いますので、痛みは感じません。
この手術の所要時間は約1時間。入院も不要です。
手術の当日からシャワーや洗髪は可能です。また、翌々日から入浴が可能になります。

 

2.費用はどれくらい?
30万円前後が一般的のようです。

美容外科関連ページ

乳輪の場合内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.