ムダ毛の処理方法(自分で行う脱毛の場合)

ムダ毛の処理方法(自分で行う脱毛の場合)

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

ムダ毛の処理方法(自分で行う脱毛の場合)

半そでやノースリーブなどお肌の露出度が高くなる季節に気になるのはワキや手足、Vラインのムダ毛処理ですよね。

 

ムダ毛の処理にはどのような方法があるのでしょうか?

 

 

 

自分で行なう脱毛方法の落とし穴

 

お金がかからず、いつでも手軽にできるのがカミソリや毛抜きを使って自分で行なう脱毛。
でも、ここには手軽さゆえのお肌へのトラブルがつきものなのです。
こんな経験ありませんか?

 

 

 

 

ブツブツ肌

カミソリなどでムダ毛を剃ると、カミソリの刃で表皮のデリケートな部分を傷つけて、毛穴の縁荒れてしまうのです。

 

こんなことになってしまうと、剃りきれなかった毛根が表にでたときに、豚のようにブツブツになってしまいます。

 

 

 

 

埋没毛

 

自分で処理することは、お肌や毛穴に大きな負担をかけてしまいます。

 

毛穴を損傷してしまうと、生えかけた毛が行き所をなくして皮膚の下で生えてしまう・・・こんな毛がありませんか?

 

 

 

 

圧迫による毛穴の倍増!

 

ムダ毛を毛抜きで抜いていませんか?

 

毛抜きでの処理は、毛穴に損傷と多大なストレスをかけてしまいます。

 

そうすると、毛根が断裂することによって、毛根が二つに分かれて2本の毛に無理やり分れてしまうことにもなるのです。

 

 

 

 

 

お肌の表面が損傷して炎症をおこす!

 

カミソリで処理した後が赤くなっていませんか?

 

これはカミソリで処理してしまうことで、皮膚の表面を削ってしまい、そこからバイ菌などが入って炎症を起こしたものなのです。

 

こんなにお肌に負担をかけてムダ毛を処理しても、また毛根の周期がやってくると同じようにまた処理を繰り返さなくてはならなくなります。

美容外科関連ページ

ムダ毛の処理方法(自分で行う脱毛の場合)内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.