二重まぶた

二重まぶた

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

二重まぶた

 

美容整形の悩みでとっても多いのは、実は二重まぶただと言われています。
目は口ほどに物を言う というだけあって、目元の印象は顔全体の印象にもかかわってきます。

 

一重も切れ長でステキだけれど、やはり明るい印象の顔になるには、二重になりたいですよね。

 

二重の整形はどのような方法があるのでしょうか?

 

 

 

完全陥没法

 

完全陥没法は、手軽に行なえる施術で、とても人気です。
いかにも二重手術しました という結果になるのがイヤな方や、自然な二重まぶたを手に入れたい という方にオススメの手軽な方法です。

 

 

◆ どんな方法なの?
完全陥没法は、メスを使用しない"プチ感覚" の美容整形です。
精密眼科用針と髪の毛より細い1人分ずつ完全滅菌パックされた医療用の糸でまぶたを留めるという方法です。

 

留めるといっても、糸はまぶたに埋没されるので眼球を傷つける心配は無用です。

 

 

 

◆ 痛いの?
麻酔を行ないますしメスを入れないので、痛みは少なくてすみます。
施術時間はすべてひっくるめて約30程度です。
個人差もありますが、施術後、約1週間は、まぶたが腫れることがあります。
ですが、施術後に通院する必要はありません。

 

 

 

◆ カウンセリングが大切
ほとんどのクリニックが、まずは入念なカウンセリングを行なって、施術後にどうなるか、シミュレーションしています。
納得できるカウンセリングをしてくれる信頼のおけるクリニックを選びましょう。

 

 

◆ 費用はどれくらい?
両眼で10,000〜20,000円のあいだ

二重手術の3つの方法

美容整形の中でも特に人気があるのが二重手術です。

 

実際に自分の周りでもやったことがある知り合いがいたり、検討したことがあるという人も多いのではないでしょうか。それだけ日本でも浸透しつつあるのが二重瞼の美容整形手術です。

 

二重手術には大きく分けて2つの方式があるということを覚えておきましょう。

 

 

1つめが埋没法と呼ばれる手術方法です。

 

 

自分の理想通り思った通りの二重に出来るか心配な人は、こちら選択すると事をそ薦めします。
医療用の細かい細い糸でまぶたを留めてラインを作るものなので、もしも出来上がったものが理想と違ったという位置の時には、糸を取ることでもとに戻すことが出来ますからかなり柔軟な方法の一つです。

 

なかなか成果の出ない一重の人にも向いているやり様ですが、あまりまぶたの脂肪が厚すぎると糸が切れてしまうこもあるようなので医師相談が必要不可欠になります。

 

 

 

2つめのやり様が切開法と呼ばれる手術方法です。

 

 

自分のまぶたを二重にするにはどちらの美容整形が向いているかというのは、担当者に確認してから決めるといいですね。人それぞれ瞼の大きさや角度・肌質・食い込み度合など判断基準は専門の医師に相談が必要です。
切開法は脂肪が多いまぶたの人に効果を発揮すると言われています。

 

余分な脂肪を切除してから縫合するやり方で、埋没法のように取れてしまう心配がありません。
一度埋没法で失敗してしまった人も切開法で検討し直してみるのもいいでしょう。しかし、一度切ってしまったものは元には戻らないので、リスクは切開法の方が高いかもしれません。

 

 

 

それから、小切開法というものもあります。

 

こちらも美容整形では人気が高いです。
先に紹介した2種類の法し様を組み合わせたもので、腫れが少ないのも特徴です。
切開法は埋没法よりも腫れが長引いてしまいますが、出来るだけもとに戻らないやり様で腫れないやり様を探している人は小切開法で検討するといいでしょう。両方の手術法を組み合わせたやり方になりますので、最後の砦と言って感じの方法になります。

 

美容外科関連ページ

二重まぶた内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.