豊胸手術メリットとデメリット

豊胸手術メリットとデメリット

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

豊胸手術(バッグ挿入)メリット

やはりメスを入れる事から、敬遠されがちな豊胸手術ですが、体を切る事と異物を入れるという事からメリットとデメリットは必ず存在します。

 

メリットとデメリットを自分で必ず把握してから、有効な豊胸手術に望んでください。

 

 

後から「聞いてない 怒」という事がないように!

 

自分の体は自分で守る!という意識を心がけましょう。

 

 

 

豊胸手術(バッグ挿入)のメリット

 

 

 

非常に長持ち!

 

プチ豊胸であるヒアルロン酸注入は、メスを使わないという手軽さの反面、徐々に体に吸収されていくため、繰り返しおこなわなければならないという点がありますが、バッグ挿入のメリットは目安として10年程度バストアップ効果がある という点です。

 

 

 

サイズ調整が可能

 

また、ヒアルロン酸注入は極端なサイズUPができないのですが、バッグ挿入は一度の手術でサイズの調整が自由自在というメリットもあります。
ですから、一度に5サイズもUPすることが可能なのです。

 

豊胸手術(バッグ挿入)のデメリット

豊胸手術はするのも大変ですが、術後の方が大変かもしれません。

 

ですがこれらを怠ると、良い物にならないので、シッカリ覚えて起きましょう。

 

 

 

 

身体への負担

 

バッグ挿入は身体にメスをいれる手術です。
ですから、メスを入れない豊胸方法とは比べものにならないほど身体に負担をかけることになります。
個人差はありますが、強い痛みもありますし、腫れも生じます。

 

 

 

 

施術後のケア

 

バッグを挿入した後は、身体に馴染ませるために約3ヶ月から6ヶ月程度の間、大変な痛みを感じるマッサージをしなくてはなりません。

 

このマッサージを怠ると乳房が硬化してしまい、堅い乳房になってしまうのでサボることはできないのです。
激しい痛みに耐えてのマッサージという施術後のケア。これは他の方法にはない大きなデメリットといえます。

美容外科関連ページ

豊胸手術メリットとデメリット内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.