豊胸手術(バッグ挿入)

豊胸手術(バッグ挿入)

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

バストアップ方法(バッグ挿入)

バッグ挿入による豊胸手術

 

美容外科における一般的な豊胸手術のひとつに豊胸バッグの挿入という方法があります。
胸にバッグを挿入する方法ですから、確実にバストアップできる方法といえます。

 

以前は敬遠されてきたこのメスを使う豊胸手術も、最近では技術の進歩もあって一般的になってきました!

 

ここでは、それぞれのバッグ挿入法について詳しくご説明しましょう。

 

 

豊胸バッグの種類

 

 

生理食塩水

 

これは最も普及している方法で、バッグの中身は完全無菌状態にされた生理食塩水です。

 

人体の体液とほぼ同じ成分ですから、万が一バッグが破れても人体に悪影響をおこさないというメリットがあります。

 

 

 

シリコンジェル

 

シリコンジェルタイプも、豊胸バッグとしては一般的です。

 

本物の胸に似たやわらかさがあるため触感が良く、ボリュームを自然にしかもかなり大きく出すことができますので、痩せ型の人に向いているようです。

 

 

 

 

ハイドロジェル

 

ハイドロジェルは、生理食塩水に高分子ポリマーを加えたジェルのことです。

 

生理食塩水という安全性とジェルならではの柔軟性が好まれ、日本でも普及しています。

美容外科関連ページ

豊胸手術(バッグ挿入)内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.