バストアップ方法(美容外科)

バストアップ方法(美容外科)

美容外科はどれも高額な為、慎重に選択してものです。美容外科、一部のユーザーにしか受け入れられていませんがもっと幅広くお伝えしていきます。

バストアップ方法(美容外科)豊胸手術

豊胸手術

 

 

最近では、美容外科を受診することに対して抵抗がなくなってきましたが、この美容外科で顔に関する整形手術に次いでニーズの多いのが豊胸手術なのです。

 

海外では、バストに関する手術は意外と一般的で、米国では逆に年間10万人以上の人が胸を小さくする手術を受けているのだとか。

 

大きすぎるのも、肩が凝ったり、身体のバランスが悪く見えたり といろいろな悩みにつながるのですね。

 

日本でも、徐々に抵抗感が薄れてきて、豊胸手術を受ける人が増えているようです。

 

サプリなどと違って、専門医が行うものですし、必ず効果があることがなによりのメリットですよね。

 

では、豊胸手術にはどのような方法があるのでしょうか?

 

 

 

 

ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸

 

メスを使わない治療として、顔の整形にはプチ整形が人気ですよね。

 

豊胸にもプチ豊胸なるものがあるのです。

 

一番一般的なのが、ヒアルロン酸を注入して、メスを使わずにバストの形や大きさを整える最新のバストアップ法で、品川美容外科など大手の美容外科だったらどこでもやっている人気の方法です。

 

ヒアルロン酸はもともと体内に含まれる成分ですから、アレルギーの心配がなく、安全性が高いのがメリットです。

 

見た目や感触が自然というのもうれしいですよね。

 

また、費用がお手頃という点も人気のようです。

 

 

 

 

 

ヒアルロン酸注入はこんな方におススメ!

 

  1. 手軽にバストアップしたい
  2.  

  3. バストサイズを1つUPさせたい
  4.  

  5. 続けてお休みが取れない
  6.  

  7. 左右形が違うバストの大きさを揃えたい

 

 

 

 

 

効果はどれくらい続くの?

 

ヒアルロン酸はもともと体内に含まれる成分のため、徐々に身体に吸収されてきてしまいます。

 

通常のヒアルロン酸注入だと半年〜1年程度ほど効果が続きます。

 

品川美容外科などで使われているSUB-Qという手法のヒアルロン酸は粒子が大きく2年近く持つようですよ。

 

 

 

 

 

施術の方法は?

 

一回にかかる施術の時間は約20〜30分ほど。

 

どこからヒアルロン酸を注入するかは、大きさや調整によって異なります。

 

数日程度の痛みと腫れが続くようですが、通常は通院の必要はないようですよ。

 

洗髪やシャワーが解禁になるのは、施術の翌日から。

 

また、ヒアルロン酸が落ち着くまでの約3週間は激しい運動は避けたほうがよさそうです。

 

 

 

 

費用はどれくらいなの?

 

注入するヒアルロン酸の量やヒアルロン酸の種類などによっても異なります。

 

品川美容外科では、SUB-Qに使うヒアルロン酸が1CCあたり4,000円弱。

 

通常は片方の胸で、50〜70CCほどが1カップUPの目安です。

 

美容外科によっては、1本単位で料金を設定しているところもあるようです。

 

周囲にわからないようにコッソリとバストUPをしたいという方にはぜひおススメの方法ですね!

 

美容外科関連ページ

バストアップ方法(美容外科)内の記事


 
Copyright (C) 2010 美容外科の種類 All Rights Reserved.